騙りに優しいブログ

人狼ゲーム(12A猫配役)で思ったことを書くだけのブログ。更新頻度はかなり適当。

お知らせ

今後しばらくの間は人狼ゲームの参加、ブログの更新を停止します。

理由は生活が多忙になり、人狼ゲームやブログ更新を行う時間が取れなくなるからです。

いつになるのかはわかりませんが、生活が落ち着いたらまたゲームに参加したりブログの更新を行いたいと思います。

それではまた会う日まで。

No.473365「12A猫」村 メニアン視点(占い師)

No.473365「12A猫」村

https://ruru-jinro.net/log5/log473365.html

ここの村に参加した際、自分が考えていたことをまとめておきます。

これを見て何かの参考になればと思います。

なお、役に応じてPLの色を変えております。

水色占い師青色:霊能、茶色:狩人、紫色:猫又、黒色:村人

赤色人狼桃色:狂人

この村はひどいやらかしが多すぎて自分でも見返したくないです。ブログ書いたり、過去ログ見返していたりして発狂していました。

 

※注意

できる限り配慮をしていますが、今回の内容は他PLのプレイングについてやや辛辣ともとれる意見を書いています

この記事の批判・意見についてはコメント欄に記入をお願いします。

批判・意見によっては記事の修正、閲覧停止、削除を行う可能性があります。

それを加味した上で閲覧をお願いします。

 

 

 

 

 

〇1日目夜

メニアン「占いやるの本当に久々ですね」

そんな独り言をつぶやきながらwhoの女神様に従ってカニッシュを占う。

結果は〇が出てwho女神様が信じられなくなる模様。

 

〇2日目昼

第一犠牲者は無残な姿で発見されました。

<占い師>

メニアンカニッシュ〇→

シアン:アーネスト●→

ノワールミミ〇→

<霊能>

ミミ

 

シアンがアーネストに●凸を仕掛けてきたところから始まる。

対抗の●凸を見たことにより挨拶を挟みつつ潜伏を行う方針でいく。12A猫を経験している人から見ると「12A猫で潜伏なんてありえない」と言う人もいるかもしれません。が、12A猫の潜伏は流行によっては普通に選択肢としてあり得ます。それはまた後程解説したいと思います。

しかし、CO状況を見返して霊能が欠けていることが発覚。霊能欠けだとアーネストを吊ったところでシアンの偽を証明する手段がなくなるため、潜伏を解除して出ることに。

 

メニアン「占いCO カニッシュ〇 ●伏せしようかと思ったけど霊能欠けなら出る」

ノワール「占いCO ミミ〇」

ミミ「霊能CO」

メニアン「!?」

 

対抗の占い騙りが露出するところまでは想定していたが、このタイミングで霊能が出てくることは完全に想定してなかったためテンパるハメになる。さらに、

 

ミミメニアン吊るわ」

メニアン『!?』

 

投票間際になってからの突然の指定に驚く。動揺しつつも自分が吊られたら負けだと判断してシアン視点の狼であるアーネストに投票することに。

 

〇2日目夜

投票の結果アーネストが吊れる。ミミのあの露出の仕方や投票間際の指定も相まって霊能偽を本気で疑いミミを占うことに。

 

メニアン」さんは「ミミ」さんを占いました。結果【村人】

 

メニアン「嘘だろ・・・」

 

夜時間に絶望が走った瞬間であった。

 

〇3日目昼

ミミは無残な姿で発見されました。

<占い師>

メニアンカニッシュ〇→ミミ〇→

シアン:アーネスト●→キャスリン〇→

ノワールミミ〇→チーズ●→

<霊能>

ミミ

 

夜時間に絶望していた自分に追い打ちをかけるかのようにミミが噛まれる。霊能占い+噛み合わせという負のダブルコンボも相まってメニアンの信用は底辺に落ち、モモカニッシュ、ルイといった村陣営からも信用を失うハメになる。

 

ノワール「囲う自信がなかったから霊占いで狂アピしたんでしょうね。慣れていない狂人がやりがち」

シアン「なんで霊占ってるの?」

 

人外陣営からも戸惑いの念がこもった殴りの中、信用差底辺のため必至に真アピを行う。

 

メニアン「投票間際にメニアン指定する遅延霊能の真なんて追える訳ないだろ」

メニアン「霊能占いなんていう信用ぶん投げる占い師が偽だとでもいうの?」

 

しかし、霊能占いをやらかした占い師が信用されるわけもなくそのまま吊られることになる。これでゲーム参加は終了することに。

 

〇3日目夜以降

霊界ではミミと霊能伏せやら霊能占いについていろいろ話し合っていたため盤面はあまり見てはいなかったがそれは後程。

 

メニアンが吊られたことで4日目昼の段階でPP状態となり狼の勝ちは盤石なものになったかと思いきや、

ノワールチーズ誤爆して4日目まで真の結果を出し続ける。その結果、狼視点では最終日までノワール真だと判断。

キャスリンノワールを真占いと決め打ちチーズが吊れる。

シアンキャスリンを踏んで強制最終日へと移行。

リバーが狩人COを行いモモが対抗で出る。

⑤さらに、ノワールリバーに〇を打つ。

⑥④、⑤の結果モモ視点で半PPがバレることになり下の占い結果によりカニッシュが確定村となる。

 

<占い師>

メニアンカニッシュ〇→ミミ〇→×

シアン:アーネスト●→キャスリン〇→リバー●→×

ノワールミミ〇→チーズ●→ルイ〇→リバー

<霊能>

ミミ

<猫又・狩人>

キャスリン:猫

リバー:狩人

モモ:狩人

 

上の表を見ればわかるが、メニアンの真は切り、シアン人狼確定したためノワールの真を追うとノワール視点の人外はメニアンシアンチーズモモとなる。

 

⑦投票間際にノワールが人外COを行う。これによりカニッシュはリバー狼を決め打つ

リバーノワールモモ投票宣言を受けてモモに投票する。なお、ノワールはリバーとモモどちらが人狼なのか判別できないため確定村のカニッシュに投票する。

⑨残った村陣営モモカニッシュはリバー狼を決め打ってリバーに投票。

 

その結果、村陣営がまさかの大逆転勝利を収めることになった。

 

〇まとめ

今回の村は遅延霊能COだったり、霊能占いだったり、狼と狂人の投票がかみ合わなかっりりといろんな意味で見どころや反省点がある村でした。1つずつ順番に解説していきたいと思います。

 

①3日目のメニアンの霊能占いについて

これに関しては明らかなミスです。ゲームをやっていた当時は乗っ取りを考慮して霊能占いに走ってしまいましたが、ここでの最善手はグレー詰めです

  • ミミが乗っ取りなのか、遅延霊能なのか判断がつかなくても2日目や3日目の段階では放置で良い。
  • ミミ狼による乗っ取りを警戒して対処するのは占い師の仕事ではなく、猫又の仕事。仮にミミ狼による霊能乗っ取りで負けた場合、敗北の責任はあからさまな霊能乗っ取りを考慮できない猫又のキャスリンにあると考えるべき。
  • つまり、ここで占い師のメニアンがやるべきだったことは、ミミから信用をもぎ取るか、キャスリンミミから指定権を強奪してくれることを信じてキャスリンから信用されるような占いを行うことだった。
  • 最後に、こういう占いは人外はやらないから真だっていう主張は控えめに言ってアウト。ゲームを破壊しかねないようなメタ推理はダメ。反省案件です。

 

ミミによる遅延霊能COについて

霊界や感想戦でのミミの主張によると、

  • 初日にシアンから●を打たれたアーネストのCOを促し、COがないならそのまま吊ろうとした。
  • 初日の段階でメニアンの真を切って、シアンノワールの2人に信用勝負をさせたかった。
  • 2-1となり狩人の護衛任せの進行をするのが嫌だったため、霊能伏せを行って3日目に出ようとした。

 

というのが理由とのことです。ゲーム中はミミの行動の意図が分からなくて困惑していましたが、感想戦で説明をしてくれたため何故そうしたのかが理解できました。

 

それを踏まえて自分の意見を言います。結論を言いますと自分だったら霊能伏せも行えないですし、遅延霊能COも行えないです

  • 初日の段階でメニアンの真を切って、ノワールシアンの2人の信用勝負を行おうとした。これに関しては分かります。3人の占い師候補の内、本物は1人しかいないため1人を偽と決め打ってしまってもそれが本物である確率は三分の一。その1人を切って残りの2人で信用勝負を行わせるというのは、結果として内訳としては間違っていましたが進行としては選択肢の1つとしてありえると思います
  • ただし、ここで問題になるのが村視点で見てミミがどう映るのかという話。今回のミミは本物の霊能でありましたが、霊能欠けを見て露出してきた狼騙りの可能性も考慮しなくてはならなくなります。そうなると、信用できる出方であったなら伏せていた猫又がわざわざ露出して指揮をとらなくてはならなかったり、霊能結果を出しても信用されず指定に逆らわれたり、最悪のパターンとして霊能騙りを考慮されてケア吊りさせられることも考えられます。
  • 結論としましては、遅延霊能COや霊能伏せはそれを行うことによるメリットは発生するが、それ以上に発生するデメリットの方が大きいためやらない方が良いというのが自分の意見です。
  • 12A猫における霊能COについての考察は以前のブログにも書いてあるのでよろしかったらどうぞ。

werewolfkytes.hatenablog.com

 

③最終日のリバーノワールの投票について

この投票に関してはリバーノワールの行動の意図を読み取れなかった結果、発生してしまったミスだと思います。

  • リバーとしてはノワールリバーに〇を打ってくれたこと、さらに最終日にノワールモモに投票すると発言したためそのまま行動に従った。
  • ノワールとしてはモモリバーのどちらが人狼なのか分からなかったためメニアンノワール両方の視点で村であるカニッシュに投票して村を吊ろうとした。

 

人狼は狂人が誰なのか分かっていても、狂人視点では人狼が誰なのか分からない場合も多いです。ですので人狼も狂人から見て人狼が誰に見えるのか、どう立ち回るのが良いのかを考えて立ち回ることが大切だと思います。

この部分についての話は感想戦において詳しく語られているので、興味があったらぜひ参照してください。

 

 

最後に今回の村で入村させてくださったGM、一緒に戦ってくれた村陣営、狼陣営の皆様、本当にありがとうございました。

 

12A猫戦術② 歴史は10年以上前?海老沢特攻

 

はじめに

 

https://ruru-jinro.net/log5/log474001.html

https://ruru-jinro.net/log5/log473705.html

最近、参加した村で海老沢特攻にしてやられたり、仕掛けた側が戦法を見破られて逆にやられたりと、るる鯖界隈において12A猫では海老沢特攻という戦法が流行っているようです。

そこで、僕も勉強がてらに海老沢特攻について調べてみたいと思います。

 

 

海老沢特攻とは?

 

狼2人を占い騙りとして出す人狼ゲーム界において有名な戦法の1つ。

占い騙り1の狼が占い騙り狼2に●を打ち、占い騙り狼2がグレーに●を打つという戦法です。

初日の盤面で見るとこのような感じになることが多い。

<占い師>

真占い:村人A〇→

狼騙り1:狼騙り2●→

狼騙り2:村人B●→

<霊能>

霊能

 

この戦法の名前の由来は2006年代頃に活躍していた人狼PL海老沢さんから取ったものらしいです。

 

 

メリット

 

①吊り縄を稼ぐことができる

12A猫は吊り縄数が5つしかありません。人外の人数が狂人を含めると4人いることを考慮すると、村人Bを吊るすことで1つの縄を使わせることができれば、それだけPPに近づくことができます。また、PPを狙えなくなったとしても村陣営視点が誰に対して縄を使うのかを慎重に判断しなくてはならなくなり、推理量を増やすことも狙えます。

 

②騙り狼1の信用が大きく上昇する。

狼騙り2の真を切って吊る場合霊能結果が●と出ます。そうなると、狼騙り1と霊能とでラインが繋がるため自然と騙り狼1の信用が上がります。また、12A猫の3-1展開は真狂狼を第一で追うPLが多くいきなり真狼狼で追うPLは少ないです。つまり、霊能結果で●が出た場合騙り狼1は真占い師、もしくは誤爆した狂人と見られて吊られにくくなるのです。

 

デメリット

 

①バレやすい

海老沢特攻は強力な戦法ではあるのですが、有名であるが故に知っている人が見ると「ああ、海老沢特攻仕掛けてきたな」とバレてしまいます。バレてしまうといきなり騙り狼2を吊った後に、騙り狼1を吊りにいくという一見するとセオリーに反する進行を取られてしまいあっという間に追い詰められてしまいます。頻繁に使用するのはやめた方がいいかもしれません。

なお、ここに記事を書くまで「海老沢特攻って何ぞや?」状態だったKytesというPLがいるらしいです。

 

②占いローラー進行に弱い

海老沢進行は3-1進行で狼が2人いることになります。単純に占いローラー展開になってしまうと、狼が2人も吊られてしまうことになります。ローラー進行ではなくても最近の12A猫は●が出た占い師を問答無用で吊る進行を取ることが流行っているため、初日に村人Bが吊れないなんてこともあります。

 

 

まとめ

 

以上が海老沢特攻という戦法についてです。

僕も恥ずかしながら海老沢特攻について知らなかったので、こうして記事にすることで勉強にもなりました。

以前の12A猫では3-1展開の時は占いローラーが流行っていたため海老沢特攻は流行りませんでしたが、近年はグレラン進行が流行るようになったためその穴を突く形で流行りだしたのだと思います。

認知されると辛い戦法ですが上手く嵌れば大きなアドバンテージを稼ぐ戦法のため、何か面白い奇策やってみたいというPLがいたら挑戦してみるのも面白いかもしれません。

 

 

 

 

No.473335「希望あり12A猫」村 キリカ視点(狂人)

No.473335「希望あり12A猫」村

https://ruru-jinro.net/log5/log473335.html

ここの村に参加した際、自分が考えていたことをまとめておきます。

これを見て何かの参考になればと思います。

なお、役に応じてPLの色を加えております。

水色:占い師、青色霊能茶色:狩人、紫色:猫又、黒色:村人

赤色:狼、桃色:狂人

実はほぼ完成まで出来上がっていたのですが、PCがエラーを引き起こし書いたものが全部消えたので再度書き直したことをCOしておきます。みんなもこまめに下書き更新はしなきゃダメだぞ♡

 

〇1日目夜

キリカ「希望が通ったぞー」

占い騙りをするか、潜伏狂人を行うかでダイスを振りダイス女神様から潜伏狂人をしろとのお達しがきたため、潜伏狂人で戦うことを決める。

 

〇2日目昼

第一犠牲者が無残な姿で発見されました。

<占い師>

アキヨシ:ヒムロ〇→

メイコキング〇→
<霊能>

キング

<猫又・狩人>

 

2-1グレラン展開というシンプルなスタートで幕を開ける。今日の目標としてはグレランで吊られないことを目標にして振舞う。占い師の印象としては、メイコキングに〇を打ったことからメイコ>=アキヨシとなっていたが漠然としておりはっきりとは分からなかった。

39:>>27 僕らから見て君が真だって決まった訳じゃないからね。

48:ぶっちゃけると、人外だとしても適当に〇を打つなんて普通にあり得るからね。

と、とりあえずメイコにヘイトを集めつつ、それっぽい発言を行ってグレランを逃れる方針へ。また、

52:アキヨシの真を追うのは全然ありだと思うぞ。

71:>>56 でも、君の真を切るのもまだ早いというか君真も全然あるから信用取るなら頑張ってくださいな。

と、ヘイト集めたくないですオーラを装い無駄占いをさせることを狙いも忘れずに行う。

投票はユウキ。発言稼ぎが非常に多く狩人の可能性があると判断したため。

 

〇2日目夜

投票の結果ムツキが吊れる。ムツキはご主人位置だと思ったため投票はしたくなかった。他のご主人位置についてははっきりとは分からなかったため、噛まれないことを願いつつ明日の展開を待つことに。

 

〇3日目昼

メイコは無残な姿で発見されました。

<占い師>

アキヨシ:ヒムロ〇→キリカ〇→

メイコキング〇→×
<霊能>

キング:〇

<猫又・狩人>

 

占い師を無事抜くことに成功したことに内心ほっとする。

指定はアキヨシとなったため、今日自分は吊られないことが確定。今後の布石のための狂人アピを行いヘイトを集めに動く。ヘイトを集めることにより、指定を喰らって狼の代わりに生贄になるのが狙いである。

20:>>12 メイコ狂人の可能性考慮でアキヨシ残してみる進行とか割とやってみたい感あるけどどうですか?

31:個人的には昨日のメイコのムーブは割と狂人の可能性高いなーって見てたけどどう思いますか?

ここでの狂人ムーブは我ながら露骨だと思っていたが、奇数進行であるため村視点でも狂人吊りで問題ない盤面であるため問題ないと判断。

 

〇3日目夜

夜時間に狂人アピちょっと露骨だったかなーと思っていたが、そこまで問題ないだろうと前向きに考える。

なお、昨日の狂人アピによって、

グンジカズミ、ヒムロは狩人でない。キリカ狂人筆頭」

ジロキリカ狂、ムツキ、第一で狩人落ちてそう」

キングキリカ狂は露骨すぎるか」

と、3人のPLにバレていた模様。

 

〇4日目昼

 キングは無残な姿で発見されました。

<占い師>

アキヨシ:ヒムロ〇→キリカ〇→×

メイコキング〇→×

<霊能>

キング:〇→×

<猫又・狩人>

カズミ:猫又

 

キングが噛まれたとこによってカズミが露出。この噛みにより狩人がムツキか第一犠牲者で消えている可能性が濃厚だと実感する。

村全体を見ると、グンジは比較的意見が強く強弁位置な印象。ここが村だと指定が喰らわないと判断した僕はグンジに誘導をかける。

30:うーん、グンジとか噛み先コントロールしていそうなブレイン狼の可能性あるかな。怪しいとみるユウキとも露骨にライン切っていたしさ。

43:僕としてはグンジは真っ先に怪しい位置に見えます。発言見返しても狼っぽい部分がちらほら見えますよ。

なお、誘導先はご主人のため実際にグンジが指定されると狼陣営が危機に陥る模様。

指定はジロ。全く見ていなかった位置だがご主人位置ではないことを祈って指定に従う。

 

〇4日目夜

SG位置に入ろうとしたのにいまだに指定が入らないこと、吠え数が減ったことからジロでご主人が吊れてしまったのではないかと焦りを覚える。

グンジが狼の可能性も当然あるため再度ログ、村全体を見直す。ヒムロはアキヨシの囲い位置であるため誘導したくない。ユウキ、カナメは村もあるがご主人の可能性もありそうでイマイチ分からなかった。消去法で強弁位置のグンジに誘導をかけることにする。仮にグンジがご主人位置であろうとも、グンジ自体が強弁であるため自然にこちらが殴り負けるであろうと狙ったものである。

 

〇5日目昼

ユウキは無残な姿で発見されました。

<占い師>

アキヨシ:ヒムロ〇→キリカ〇→×

メイコキング〇→×

<霊能>

キング:〇→×

<猫又・狩人>

カズミ:猫又

 

ここでカズミではなくユウキが噛まれたことによりジロで狼が吊れているか、2Wの狼が敢えて生かしているのかのどちらかになる。

最終日前日ということもあり各村人がどこが狼なのか必死に探す。主張は以下の通りである。

ヒムロ:グンジ>カナメ>キリカの順番で怪しむ。特にグンジを強く狼目で見て誘導を 

かける。

グンジキリカの誘導を無視して、殴りが強くなってきたヒムロを狼だとして殴り返 

す。今日の噛みについても、ジロが相方でヒムロがラインを切ってきたからだと主張する。

カナメ:ユウキを狼として疑っていたが、今日の噛みにより推理の前提が覆される。ヒムロを狼だとして主張する。

キリカアキヨシの囲い位置であるヒムロに誘導できず、カナメがご主人の線も切れなかったため、消去法でグンジに誘導をかける。

指定はカナメ。ジロ、カナメ両方がご主人ではないことを祈って指定に従うことに。

 

〇5日目夜

ゲームが続いたことにヒムロかグンジのどちらかがご主人であること。そして、ジロかカナメのどちらかでご主人が吊れてしまったことが判明する。

ここでご主人が僕を噛まなければPPであるが、残った村人の内訳が(猫又、狂人、人狼)であるためPPになっても50パーセントの猫ルーの恐怖が付きまとうことになる。明日生き残った場合を考慮して吊られるような殴りを持ってくるように考える。

 

〇6日目昼

ヒムロは無残な姿で発見されました。

<占い師>

アキヨシ:ヒムロ〇→キリカ〇→×

メイコキング〇→×

<霊能>

キング:〇→×

<猫又・狩人>

カズミ:猫又

 

ヒムロが噛まれたことによりグンジがご主人であることが判明する。今までご主人に誘導していたことに心の中で「すんませんでしたー!」と謝りつつ、猫又に怪しまれないようにグンジが殴り勝てるような弱めの殴りを行う。

5:グンジ>>3:24の発言が狼要素だと思います。

8:ユウキとのラインを繋いで仲間を増やそうとするのは狼要素だと思います。

殴りにすらなってない殴りで必死に自分の印象を悪くしようとする。また、

12:>>9 後、今日噛まれたヒムロも怪しいとみて誘導していました。

14:ヒムロ吊ったら勝ちだと思って誘導したのだと思います。

完全に結果論にしかない殴りを行い、自分が主張できる狼要素はこれっぽちなんですアピを行う。

余談ではあるが、

6:>>2:52アキヨシがっつりアゲアゲまん

7:>>2:71メイコの真も見てますとか言い出す中庸ポジまん

と、自分が怪しまれるように巻いておいたブラフをグンジがきっちり拾って殴ってくれたことが内心嬉しかったです。

そして、投票時間。投票はグンジが吊られたら負けが確定するため、引き分け、猫ルー勝利が狙えるカズミに投票。投票の結果は・・・

 

 

カズミ[1票]→グンジ

グンジ[1票]→キリカ

キリカ[1票]→カズミ

 

と、見事に票が割れる。そして、この投票によりカズミに自分が狂人であるということがバレる。2回目、3回目とともに全員票変えはなし。そして、最後の4回目・・・

カズミ[1票]→グンジ

グンジ[1票]→カズミ

キリカ[1票]→カズミ

 

キリカ」さんは猫又に食われた姿で、発見されました
カズミ」さんは村民協議の結果、処刑されました

 

 

人狼」陣営の勝利です!

 

猫ルーを制して勝利が確定した瞬間であった。

 

〇まとめ

今回は潜伏狂人として立ち回る展開になりました。潜伏狂人をやる上において必要不可欠な条件である、ご主人に潜伏狂人だと認識されたことは達成することができました。しかし、ご主人を村人濃厚で見て殴って指定される危機にさらしたことは反省点です。

特に、グンジが初日にムツキに強く誘導した上で霊能結果の〇に無反応というのは、最初から霊能結果を知っている狼ならではの視点だというヒムロの意見に対して、なるほどなと僕も思いました。

強く誘導して吊られた先の霊能結果の反応を見て村か狼なのかを見極める能力は、僕が今後人狼ゲームをする上でも役に立つと感じました。

 

最後に今回の村で入村させてくださったGM、一緒に戦ってくれた村陣営、狼陣営の皆様、本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

12A猫の霊能はロケットCOじゃなきゃダメな理由

「霊能はロケットCOじゃなきゃダメだろ」

 

上記の発言は12A猫という配役をプレイしたことのあるプレイヤーならば一度は聞いたことのある発言だと思います。

しかし、なぜ12A猫の霊能はロケットCOでなくてはならないのか、という具体的な理由についてはあまり分かっていないプレイヤーも多いのではないのでしょうか。あるいは、12Bの霊能は挨拶挟んでいでも問題なかったのに、なんで12A猫はロケットCOじゃなきゃダメなのかという疑問を抱えているプレイヤーもいると思います。

そこで、今回は12A猫の霊能がなぜロケットCOを推奨されるのかという理由について、僕が体験したゲームに基づいて説明していきたいと思います。

 

①狼に霊能を乗っ取られることを防ぐ

これが12A猫において霊能がロケットCOを推奨する一番の理由です。挨拶挟みの霊能COを推奨すると、

狼「あっ、霊能欠けてるな。よし、霊能COして乗っ取ったろ!」

となり、狼が霊能を乗っ取る可能性が出てきてしまいます。狼が指定役を乗っ取った場合、占い師や狩人に指定を飛ばして吊ったり、吊られそうな狼を庇ったりするなど村を思いのままに操り狼陣営を勝利に導いてしまいます。

12Bならば狼が霊能を乗っ取ったとしても狐というバランサーがいるため、真占い師を安易に吊ることができない、真占い師が呪殺を成功させた場合指定権が真占い師に行く、など乗っ取られてもまだ何とかなる余地はあります。しかし、12A猫の場合は狐がいないため乗っ取られた場合真占い師を気兼ねなく吊ることができるのです。

下のリンク先は狼の挨拶挟み霊能乗っ取りによって村陣営がボロボロにされたログです。これを読めば僕の主張も実感できると思います。

https://ruru-jinro.net/log5/log439752.html

 

②霊能騙りを狼が出てきた場合、霊能ローラー展開に持ち込むことができる

次に、霊能はロケットCOでなくてはダメだとルールで定めた場合、これが狼にとってどう映るのかを考えてみましょう。

この場合、狼が霊能乗っ取りを狙う場合はロケットCOをせざるを得なくなります。ここで霊能がロケットCOをした場合霊能の数が2人になる。そうなった場合、霊能ローラー展開に持ち込めます。

こうなると、狩人視点で霊能護衛の択が無くなるため、占い師に護衛を集中することができます。また、占い騙りを出している場合、猫を踏んだ時に一気に狼陣営が詰む状況に持っていくこともできます。

霊能ローラーによって霊能を吊ってしまっても、村陣営には猫又がいるため指定役がいなくて方針が決まらないという展開にもなりにくいです。

また、信用勝負を挑む場合においても指定役がじっくりを発言や投票先を精査して決め打ちが行えるなど村陣営が比較的有利な展開にゲームを進めることができます。

下のリンク先は霊能のロケットCOによって霊能ローラーに持ち込んできっちりと村陣営が信用勝負に勝てたログです。

https://ruru-jinro.net/log5/log439752.html

 

 

③まとめ

人狼ゲームというのは流行というものがあります。以前は3-1展開においては、占いローラーが推奨されていましたが、今はグレランと占いローラーで半々になっているように今後の流行次第では12A猫の霊能の挨拶挟みCOが見直される可能性もあると思います。しかし、現時点ではロケットCO以外のCO方法はメリットが少ない、またはメリットよりもデメリットの方が大きいというのが僕の意見です。

以上で、12A猫の霊能はなぜロケットCOを推奨されるのかという説明を終わりにします。このブログを読んで理屈が理解できたのならば筆者冥利に尽きます。

 

アイコンいただきました。

まそさんから「できない子」のアイコンを使用する許可をいただいたので、ブログのアイコンを変更しました。まそさん、ありがとうございました。

 

下にリンクを貼っておきます。

http://riceballman.fc2web.com/frame.html

No.473309「12A猫が好きなGMの」村 わん公視点(狩人)

 

No.473309「12A猫が好きなGMの」村

https://ruru-jinro.net/log5/log473309.html

ここの村に参加した際、自分が考えていたことをまとめておきます。

これを見て何かの参考になればと思います。

なお、役に応じてPLの名前に色を加えております。

今回の村は霊界表示ありのため、噛まれた時点で村全体の内訳が見えています。

ブログ編集上手くなりたいといった矢先の内容がコレである。

 

〇1日目夜

わん公「わんわんお!」

 

〇2日目昼

第一犠牲者が無残な姿で発見されました。

<占い師>

サルビアポピー●→

月見草わん公●→

フリージアスノーフレーク〇→

<霊能>

セントポーリア

<猫又・狩人>

わん公:狩人

 

初っ端からサルビア月見草が●を打ち込み、いわゆる●進行という展開になる。そして、挨拶こそ挟んでいないが少し遅れてフリージアが占い騙りとして露出する展開に。そして、●を打たれた村人の名前を良く確認すると自分に●が打たれていることに気づく。

畜生めぇぇぇ!と、某総統閣下みたいな叫びを上げたくなったが、ここで大切なのは自分自身が生き残ることよりも月見草が偽であることを他の村人に知らせることが優先だと判断。そこで、サルビアから●を打たれたポピーがCOするのかどうか少し様子を見てから狩人COを行う。少し様子を見たのは、ポピーが役職COをした時にさらに本物やら対抗やらが出てくることによって盤面を整理しやすくさせることが狙い。

投票は月見草。自分に●を打ったことに加えて、仮に生かされた場合ポピー投票してしまうと「自分視点における確定人外を吊りたくないのか」とあらぬ言いがかりを受ける可能性があったからである。

実は、朝一でセントポーリアが視力検査霊能COをしていたが、僕を含めて他のプレイヤー全員が気づかなかったため初日は霊能欠け前提で話が進みました。

 

〇2日目夜

投票の結果吊れたのはポピー

初日の段階で占い師が3人いたことから(占い師に狂人交じりが濃厚のため)、狼陣営には僕が狩人だということがほぼバレており明日の朝には噛まれているのだろうと落胆する。

しかし、もしかしたらわざと生かしておいて僕を吊り縄で処理させる可能性があるのかもしれない。その可能性を消すべく生きている限りは村のために推理するべく動くことを決意。

そこで、僕と同じく●を打たれて吊られたポピーの発言を注視する。ポピーが狼だとしたら猫又やら狩人COやらをして少しでも役職を炙って後続の狼が働きやすいように動くのではと思ったこと。また、初日に●を打ってくるのは狂人、狼両方のパターンでもあり得ると判断したため、初日の段階ではフリージアサルビアと推理してフリージアを護衛する(月見草はすでに人外だと見えているため除外)。

 

〇3日目昼

わん公は無残な姿で発見されました。

<占い師>

サルビアポピー●→クロッカス〇→

月見草わん公●→×

フリージアスノーフレーク〇→リンドウ〇→

<霊能>

セントポーリア:●→

<猫又・狩人>

わん公:狩人

スノーフレーク:猫又

 

自分が噛まれたことを確認する。この噛みにより村全体にも月見草が破綻したことが分かるようになる。

スノーフレークは霊能欠けだと判断して猫又COしたが、ここでセントポーリアが霊能だとアピったため猫踏みアボン展開ができなくなるが、狼陣営に猫を踏む余裕がないためそこまで村陣営に悪影響を及ぼすことはなかった。

指定は破綻した月見草

 

〇3日目夜

早々に噛まれて暇でしょうがなかったので、この段階で狼陣営が勝ち筋を追うとしたらどうするのかを考えてみることに。考えた結果、主に2パターンの勝ち筋が追えることが分かった。

 

  1. フリージアが信用勝負に勝つ

セントポーリアを噛んで、サルビアと直接信用勝負を行いサルビアを吊らせること。

 メリット

通常、信用勝負においては猫噛みによる恐怖や、狼に仕立てあげようとした村人が狩人や猫又だったりして破綻する可能性が懸念される。しかし、今回のパターンは3日目夜の段階で狼視点でわん公(狩人)を噛んでおり、スノーフレーク(猫又)も露出しているため狼に仕立て上げることが容易である。

 

 デメリット

初日のポピー吊りによって、サルビアセントポーリアはラインが繋がっている。これをフリージアが覆すには、初日にサルビアポピーを身内切りしたという主張をしなくてはならない。

 

 2.が生き残る

サルビアを噛んで、潜伏狼であるが生き残ること。

 メリット

サルビアを噛むことによって占い師を消すことができる。占い師を噛むことのメリットはかつてブログで書いた通りなので割愛。見たい人はリンク先を見てください。

werewolfkytes.hatenablog.com

 

 デメリット

サルビアを噛むことによって、フリージアを吊る進行になる。そうなると、生き残る人外が1人になる。フリージアを吊った段階で吊り縄は2回残ることになるため、は2回吊り縄を逃れる必要がある。

 

狼陣営はサルビアを噛んでが生き残るパターン2の勝ち筋を追うことに。

 

〇4日目昼

サルビアは無残な姿で発見されました。

<占い師>

サルビアポピー●→クロッカス〇→×

月見草わん公●→×

フリージアスノーフレーク〇→リンドウ〇→×

<霊能>

セントポーリア:●→〇→

<猫又・狩人>

わん公:狩人

スノーフレーク:猫又

 

サルビア噛みを選んだことによって、当然のごとくフリージアが指定されることに。

また、セントポーリアがクロッカス(サルビアの〇)を村置きすることに。これにより、村視点での人外候補はリンドウ、、とり山の3人となりはリンドウととり山の2人を狼に仕立て上げることが必要になった。

 

〇4日目夜

が生き残る方針を選んだことによってセントポーリア噛みか、クロッカス噛みの2択に絞られる。ちなみに、リンドウ、とり山を噛むと狼陣営が詰みます。

 

〇5日目昼

セントポーリアが無残な姿で発見されました。

<占い師>

サルビアポピー●→クロッカス〇→×

月見草わん公●→×

フリージアスノーフレーク〇→リンドウ〇→×

<霊能>

セントポーリア:●→〇→×

<猫又・狩人>

わん公:狩人

スノーフレーク:猫又

 

セントポーリアが噛まれたことによりスノーフレークが指定役に昇進。ここで、猫又以外の人の発言を追いました。

クロッカス:とり山村目、リンドウを怪しむ

リンドウ:の発言を追って、を怪しむ

とり山:リンドウの発言を追って、相対的にを怪しむ

:すっとぼけた発言を行って無能村を装う

 

こういう殴り合いにおいてはプレイヤーの個性が最も出る場面だよねと、内心思ってました。そんな中、スノーフレークの指定は。これにより、村陣営の勝利が確定しました。

 

〇まとめ

今回の村は占い師が初日に潜伏狼を見つけてくれたこともあって、終始村陣営が有利な展開で進んだゲームになったと思います。

2人の占い師から互いに●を打たれた時、ポピーわん公のランにして自分が生き残るってことも考えてましたが、平和を出さないと月見草の偽を証明できなくなるため敢えて涙を呑んで狩人COしました。人狼というゲームは役を持った人が活躍することよりも、村がどうやったら勝てるのかを優先して動くことが大切だと思います。

後、フリージアサルビアに信用勝負を挑むというIF展開も見てみたかったです。

 

最後に今回の村で入村させてくださったGM、一緒に戦ってくれた村陣営、狼陣営の皆様、本当にありがとうございました。